なんと構想3年。

実際の事件から着想を得たもののどうも生々しすぎたり
語り口がよくある形だったりで新味に乏しいものだったので
寝かしたまんまだったんですがね。

 昨年「跡地ハードボイルド」の企画で試した探偵ものの拙作
「BAYSIDE BLUES」の私立探偵平巌(たいらいわお)が再登場いたします。
不肖・平岩のアヴァターである彼が文章に入り込むことで
不肖平岩の感情がダイレクトに出せるというあたりと、たまたま語り口
が当てはまりそうだったので・・まぁ全面書き直しw
元となった事件がどなたでもご存知の事件ではありますので、
限りなくリアルに描こうと思ったのですが、
却ってワザとらしさが出てしまい
そのあたりが今後の改善を要するところ。
前作同様ロケハンが足りず「昔行った・・」記憶で
本牧や横須賀が描いてしまっておりますので後日ロケハン後、
再び修正していこうと思います。
ということで(ver.1.0)

 冒頭から過激な性描写ではじまりますので、R-18.
あまりに記号暗号化された人物配置、人物名であったりしますが
あくまですべてフィクションです。
 前作のサウンドトラックを受けてJAZZYに決めようかと思い
コルトレーンやウォルドロンに加えて、ここのところ数年
不肖・平岩がハマりまくっている
ラテンジャズピアニストMichel Camilo
を大々的にフィーチャーw
不肖・平岩のホラーイメージ作りにいまや欠かせないペンデレツキーと
その対極の音楽(w)シューベルトを配し、 
エンドクレジットまで曲を指定する執念深さ。
ラストの読後感を名曲で余韻に浸っていただきたく思います。
dNovelsよりホームページへ移管の際、シリーズタイトルが決定いたしました。
Yokohama Night Walker の第二弾という立ち位置のこの文章・・ということは
第三弾もありまして・・・orz





いただいた感想等

 2013-05-03 00:25:35
天白 りょう
自分自身を創ってきたものへのオマージュ
書きたかったんだ という想いが伝わる


2013-05-03 01:02:56
椿 まこ
哀しすぎる怒りの具現 壮絶なまでに
素晴らしかったです
ありがとうございます


2013-05-03 06:18:26
愛凛(あいりん)
いやぁー。
ほんと、今回わかりやすかったです。ハイ。
ロケーションの成果もありましたね。
全編に横浜のダークな雰囲気がみなぎっていますね。
平岩氏はこの平という男と同世代なのでしょうか?
もしかして?
団塊世代のやるせなさをこの平に代弁させているのでは?
でも、書きたいものを存分に書き尽くしたくらいの勢い
ですね。 ほんとお疲れさまです。


2013-05-03 08:12:42
平岩隆
Wow!いきなりこんなに感想いただいて嬉しい限り!
ありがとうございます!
短くもない駄文にお付き合いいただきありがとうございました!
コレは元になった事件の時に児童のための施設の
第三者評価をしてたことに起因して思いついたストーリーで、
薬物汚染について激しく憤りを覚えたのです。
その後ロンドンオリンピックとかの影響とか基地問題とか
いろんなものがマジってちょいと混乱気味の話なのですが・・
破綻してるところが主人公の心の中とだぶる、というアレ・・ですw


2013-05-03 08:17:25
平岩隆
天白りょうさま
ん-、不肖平岩は
10%が運動、
45%がエロ、25%が怪獣、
15%がスターウォーズ、残り5%が仕事で出来ていますw


2013-05-03 08:24:03
平岩隆
椿 まこさま
まさに哀しすぎる・・です。
復讐すること以外選択肢がなかった男の生きざまでございます。
しかし彼をそこまで追いやった・・憎むべきは犯罪・・ということ
になるのですが
その犯罪を犯すのは結局は人間で、
更生なんて本当に可能なのか?
という疑問は感じるのであります。


2013-05-03 08:30:33
平岩隆
あいりんさま
平巌(たいらいわお)氏は不肖・平岩のアヴァターですw
団塊世代は私の先輩諸氏に当たりますが、ハッキリ言ってxxxです。
んなこと面と向かって言えないからw平氏に云ってもらってますw


2013-05-03 13:26:53
オオサカタロウ
畳み掛けるようなシークエンスが、頭の中でスロー再生されました。
これは、ペキンパー節炸裂ですね主人公には
『わらの犬』
ダスティンホフマンのような「執着」を感じてしまいました。
わらの犬では、
男の沽券のようなものでしたが、
平氏のそれは、人間性に対する希望というか、
人としてこうあるべきだというスジである気がします。


2013-05-03 19:02:48
平岩隆
オオサカタロウさま ありがとうございます
なるほど「執着」ですか。
云われてみるとなるほど・・歳とると増えるんですよ、
髪の毛の量と反比例して・・orz
多分、希望というか、保守的な何かなのかもしれません。
ちょっと私の中では整理できていないけどw


2013-05-21 12:16:38
まんぼう
最後まで読まさせて戴きました。
ハードボイルドなタッチがとても心地よいですね。
ありきたりの正義感だけではない心のうちが伝わってきました。
私も団塊の下の世代でつけを充分に払わされて来た世代ですので
主人公の思いはとても良く判ります。
本当に面白い作品 有難う御座いました。


2013-05-23 16:15:58
平岩隆
まんぼうさま ありがとうございます
これはまだまだver.1.0でありましてロケハンを行ない
もっと街の匂いを取り込んでみたいと画策しているのですが
なかなか思うように出かけられないのが辛いところでありましてw
この主人公の前作というのがあるのですが
本来ハードボイルドは「なにもしない」ハズなんすけどね
今回いろいろやっちゃってますね_orz





 




inserted by FC2 system